読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kuredoの日記

語彙は滅されたブログ

カイロ2日目。

カイロの街は美味しい匂いがします。露店やレストランがあちこちにあるのと、私の鼻が料理を通してしか嗅いだことのなかったこの異国の香りを食べ物に結びつけてしまうからでしょう。街中からアラブ料理屋さんやアラブ人留学生とその部屋で嗅いだ匂いがします。

でも洗剤とかは欧米と同じなのか、ランドリーや食べ物が全然ないところからはアメリカの街と同じ匂いが混じっています。中韓ではこの匂いはしなかったので、「アジア以外の匂い」なのかな。

ちょっとキモいこと言いますが、お家の中で私のベッドルームだけ日本にいるエジプト人の先生と同じ匂いなんです!だから何だと言うこともないんですがただ言いたかった! ←男物の香水らしいです~。

 

一緒に朝ごはんを食べた後ルームメイト(以下R)は学校へ。朝ごはんといっても玉ねぎ・パプリカを塩で炒めたものとヨーグルトだけで、玉ねぎはだいぶ焦げてしまいました。新生活はキッチンの火力と包丁になれることから始まるよね!!これからうまくなる予定なので、こんなに上手になりました!と言えるように写真を撮っておきました。

 

私のスマホは容量が少ないためアップデートが出来ません。それゆえこちらで重宝されている、ネット接続なしで使える地図アプリMaps meやタクシーを呼ぶアプリUbarがソフトのバージョンが古いため入れられません(´;ω;`)。

道を覚えるのも遅いため、友人がいなくては家の周りも歩けない…昨日いろいろ教えてもらったのに申し訳ない。しかも家の鍵にまだ慣れなくて、鍵を掛けるのも開けるのも微妙なのです。

だから夕方まで家でゆっくりします。つい4日前まで一日の大半をYouTubeで過ごしてきたので、これを機にアラビア語で大半を過ごせないかと思っています(遅い)。といいつつブログ記事を書きためています。

言い訳をするとですね、学校の先生が「留学中、何に驚いて何が新鮮だったかを思い出せるようになんでも写真撮って記録に残しなさい」とおっしゃっていたので、これはお墨付きのやるべきことの1つなんです!

 

朝ごはんが軽すぎて10時にはお腹がすき、玉ねぎ・ジャガイモ・ペンネ・ニンニクをコンソメで煮て食べました。何もしていない私がこうなのにRは大丈夫でしょうか。

コンソメは昨日スーパーで購入したものを使ったのですが、味がアラブ仕様になってまいす!エジプトの家庭料理を習いたいけどスパイス使いが難しそう、と思っていましたがこういう調味料を使えば簡単ですね。

 

家の家具はいい感じですが、家電はやはり日本で使っていたものが断然良いです(友人が譲ってくれたドライヤーは◎)。日本から家電一個持って行ける、となったら私は迷いなく洗濯機を選びます。日本の洗濯機ってニット以外ほとんど毛玉出ないけど、こっちのはなると思います。アメリカで使ってたものがそういうので、半年たつころには日本から持って行った服は細かい毛玉が出て捨てましたが、こっちのもそれを思い出させる仕上がりです。

壁の表面がちょっと崩れてますがそれはあんまり気にならない。ただ鍵は掛け金が壊れたりしてて開けづらいのでなんとかしてほしいなって感じです。すごい不満だ、みたいなことは全然ないです。

 

Rが帰ってきたので近くの市場(?)へ。通りに露店が並んでいます。深鍋とおいしそうな野菜を買い(ラタトゥイユにする予定)、晩御飯にエーシュとタアメイヤ、ポテトフリッターみたいなのを買いました。タアメイヤめっちゃおいしい~~。写真はいつか。

まだまだ食べてたことがないものがいっぱいありますが、ご飯が口に会うのは幸せですね~。 

カイロ生活の始まり。

私の住むところは近くにナイル川もあるしスーパーや銀行、市場も近くてめちゃ便利です。普段は車や人通りももっと多いそうですが、金曜日なので歩きやすかったです。アラブはだいたい金土がお休みです。

エジプト人にとっては安くない場所ですが、日本人的には安家賃&広い家に住んでいます。客間とサロンを無くしていいから1000ギニー(6400円くらい?)安くなれ~~。※1ギニー=6円ちょいで計算しています。

カイロは街中が砂埃をかぶり、木の葉っぱも薄茶色に覆われています。ナイル川は綺麗でよかったです!

 

カイロ行の飛行機ではアフリカや中東の民族衣装を着た人たちが普通にいてとてもテンションが上がりました。アフリカの民族衣装とか、柄ON柄でしかもその柄が可愛い~。良いスーツを着た夫と、目以外全身を黒布で覆うブルカを着た妻が高級バッグを持っているのも「ぽいな~」て感じです。

飛行機で隣だったカップルが超超可愛くて、常にテンション高くて歌うような話し方でした。ハンガリー語だそうでまじ可愛い~帰国したらハンガリー語の授業とってみようかな。2人とも脚が長すぎてエコノミーが窮屈そうでした。

通路を挟んで隣だったエジ人とずっと話していたら着陸した時に電話貸してくれて、ルームメイトに電話することが出来ました。ビザを取る時目的を観光と留学どちらにしたか聞きたかったのです。ビザは両替所で取れるのですが、同エジ人が全部やってくれてお釣りも数えて全額渡してくれました。というかルームメイトに会えるまでずっと一緒にいてくれたので私は入国手続きのこと一切わからないです!!ありがとう!初アラブだし慣れるか不安だわー言語もそんなできんし、と言う私にずっとEasy, easyとはげましてくれました。

ルームメイトが「観光」にチェックしたと言っていたので、機内で配られる入国審査の紙に「留学」にチェックしてたのを×にして観光に直し出しました。怪しいかと思ったけど入国審査なんも聞かれなかった。

ルームメイトとは待ち合わせ場所を空港内のレストランに決めていたのですが、カイロ空港はパスポートがないと迎えの人でも入れないらしく、外で待っているとのこと。これもエジ人が電話貸りるか訊いてくれなかったら、私が「留学」か「観光」で迷って借りなければ彼女に会うには何時間もかかっただろうなー。

空港には「タクシー?」と声をかけてくる人がたくさんいるのですが、違うよ、と言えばあっさり引いていくので思ったよりしつこくないな、って感じでした。綺麗めな服装だともっと来たのかしら。全体的に、聞いてたよりエジ人が私に寄ってこないのはなぜなのか。むしろルームメイトの方が寄られているので、やはりオーラや美人度が私にはいまいち足りていないようです。

 

ルームメイトは大学の同期で、ほわんとしたところもありつつきちんとした真面目な美人なのですが、久しぶりに会った彼女はアラブ人の前ではクールビューティーでした。アラビア語でタクシー運転手と値段交渉する彼女を感動しながら見ていました。タクシー運転手は調子のいいおっちゃんで、日本から来たと言ったらTOYOTATOSHIBA…といろいろ日本メーカーをあげてくれました。日本じゃないのも混じってたけど(笑)。アルジェリアと韓国と日本はいいぞ、という謎の三国チョイスでしたが選ばれて嬉しいです。

運転手の荒い運転とか初アラブの感動とかでずっと笑ってたせいか「あんてぃ べーべ」=「あんた赤ちゃん」と言われてしまい、「へるわ」=「美人」と言われたルームメイトが否定してくれました。私にとって若くみられる(単純にからかわれてるだけですが笑)体験は新鮮でした(笑)。

カイロは常にクラクションが鳴っています。みんな鳴らすのに抵抗なすぎだし運転もあらいですが、眠すぎてあんまり気になりません。地震でも起きないので、お祈りの時間を告げるアザーンが鳴り響いても全く起きませんでした。

 

部屋について浴びた約2日ぶりのシャワーは格別でした。ルームメイトが作ってくれた美味しい焼きリンゴのクレープを食べ、時差ボケ対策で3時間だけ昼寝した後一緒に家の周りを散策し、シャワルマ6ギニー(40円)を食べカフェででかいスムージー25ギニー(130円)を飲みスーパーに寄って帰りました。

シャワルマは肉とヨーグルトソースとピクルスをパンで挟んだもの?私は小サイズのカイザーを注文しバーガータイプが出てきました。このパンは微妙だった。ルームメイトは中サイズのワサトを頼み、するとラップタイプで出てきました。こっちは生地がもちもちであったかくておいしかったです!そんなに大きくもなかったので次はこっちにします。

カフェの飲み物は、日本円にすると激安なんですが露店やスーパーだと1ギニースタートなので高く感じます。でも何時間いても追い出されないしWi-Fiがあるので、勉強する時や電波が欲しい時にとても便利です。家にまだWi-Fiがないので助かります。

スーパーや通りで売っている野菜や果物は形が不揃いで傷ありのものもあり、日本のスーパーがいかに完璧主義か思い知らされます(?)。バナナは房売りが基本のようです。

 

そんなこんなでいろんな人に助けられスーパーイージーモードで入国・入居し1日目が終わりました。食べ物が安くておいしいのがいいね!というのが今んとこの感想です。頑張って18時まで起きていたのですが時差ボケに負けて寝てしまい、1時半に目が覚めてしまいました。眠いけど眠れません🌀。4時半まで布団でごろごろしていましたが、起きてこれを書いています。早くYouTubeしたいですー←

 

初中国体験記 ②よかったこと 2/2

  • ザ・お金持ちが見れて楽しい

日中韓、見分けつくと思ってませんか。わたしは思ってました、少なくとも日と中韓にはわけられると。みわけつかない、全然つかない。この32時間で何度「日本人じゃないんか――い」と心の中で突っ込んだことでしょう。メイク、髪型、服装等で見分けついてるつもりでしたが全然つかないですねー。しかも中国人が超多いんですよ。日本の空港よりはるかに自国民率が高い。それだけ富裕層、中間層の数が多いんですね、割合的には少なかったとしても。さすが中国。ハイブランドに明るくない私にもわかるような高そうな衣類、小物類を身につけてる人たちもいっぱいいて、想像してた「お金持ちな中国人」像と重なる部分があり嬉しかった(?)です。日本でザ・お金持ちな人って私の生活圏にいないので。複数のスーツケースをカートで運ぶ人達の中に混じってホテルのベルボーイに運ばせてる黒スーツのおじさまが一番テンション上がりました。

ちょっと話変わりますが、セグウェイでさーっと突っ切っていく警備のお兄さん?もナイスでした。白雲広州空港に来たらチェックしてみてください。謎に生えてる木も特徴です。食べ物では水餃子が一番おいしかったです(*’ω’*) 黒酢が最初すっぱくて驚きますが後から「豊かな香り」としか言えないいい感じの風味がします。中国のお箸は先が太目なんですねー。

 

  • 中国語を通す

これ!一番ツボでした!

中国語は「こんにちは・餃子・美人・ありがとう」しか知らないので英語で話しかけるのですが、英語が分からないことを中国語でしっかり教えてくれます。日本人て分からない言語で話しかけられるとすまなそうにしたり慌てたりすること多くないですか?中国人は慌てない(`・ω・´) 最初は私の方が慌てていましたが慣れてきて、言葉が通じないとわかるけど話しかけて席を譲るまでになりました(謎のドヤァ)。

中国語で話しかけてくるのは私を中国人だと勘違いしてるからかと思いましたが、中国語が話せないとわかっても中国語で話しかけてきます。私は中国語わからないし日本語よりは英語の方が相手に伝わるだろうという可能性に賭けて英語で通しますが、彼らも中国語を通してきます。しかも身振り手振りとかあんまり入れてこない。ダメだと思ったら適当に切り上げて去っていく。そういうところがすごい好きだな、と今回の初中国は中国人への好印象度爆上がりでした。ぜひ旅行で行ってみたいし、なんなら長期滞在してみたいですね~。住みやすいかどうかはわからないけど。

初中国体験記 ②よかったこと 1/2

飛行機、空港内の出来事日記

「○○(国名)ってー○○人ってー」は範囲が広すぎるから使わないようにしたい、と思ってるけど、今回はそのオンパレードになっています。すべてに「わたしが出会った○○人は」をお付けください。

 

  • 言い方にあまりこだわらない?

日本のCAって常に微笑んで丁寧に丁寧に接しますよね。中国のCAは余りそういうことはなくて、中国語わからないので適当な感想なんですけど、あんまり言葉遣いが丁寧な感じがしない。航空会社とか人にもよるんだろうけど。空港スタッフとか「T-3」しか答えなかったりするし、客の方見てないし。でも誰もそれを気にしていない。ただただ当たり前って感じ。それとも実はそう見えるだけでがっつり敬語なのかな。

追記:エジ行の飛行機でも「Tea-?Tea-?シャーイ(=茶)?」とCAが言ってたのでもしかしたらエコノミーでもLCCでもあんなに丁寧なのは少数派なんでしょうね。

すっぴんのスタッフや常に無表情なスタッフとかいて、勤務中普通におしゃべりするし飲み物飲んでるし堂々とあくびするし、明らかに業務用コンピューターでチャットしてる人もいた(客全然いなかった時ね!)し「働きやすそうだな」と思いました。旅先でそういうのを見るのが大好きです。

びっくりしたのはカウンターの質問の仕方。日本の感覚で、前の人が終わってから聞こうと思ったら誰もそんなことしない。みんなぐいぐい行く。先に来た人とスタッフの会話が途切れた瞬間、要件が終わってなくても質問。他の人が質問中に質問してる人もいる。日本にいる時外国人にそれをされると、マナーがないなって正直思ってたんですが、実際それが当たり前のところに来てみると、案外こっちの方が効率いいかもな、と考えが変わりました。即答できる質問をどんどん消化しながら時間がかかる相談・質問に取り掛かるので早い。しかも先述したように単語のみで返事することもあるので余計早い。客も振り返りながら「謝謝」と言って去っていく。お・も・て・な・し、丁寧さを求めない双方によってうまく回っています。

こっちの方がいいじゃん、って思っても日本人がそれをすることに不快感を示さないかと言われると話は別なんですよねー。日本のサービス業も常に笑顔じゃなくていいし暇ならスマホいじればいいし、「カウンターどこ?」「D14の後ろ」の方が早いじゃん?って思うけど、実際してたらクレームきそうだし敬語抜けたら私自身不満が残りそう…

もう1つカウンターで良かったのは、必ずみんなニーハオから初めてだいたい謝謝って去っていくこと。

 

  • 人がめっちゃ優しい。

かなり勝手なイメージですが中国人ってそっけないイメージがあったんですが、だいぶ変わりました。基本超親切。無表情なサービスカウンターのお姉さんも最後笑顔で謝謝というとかすかに微笑む、爆萌。英語が話せない人は空港スタッフにもわりかしいますが、たいていみなさん親切だしそっけなくても全く気にならない(そこが今回魅力だなと思った最たるものです)。1人に質問すると周りも助けてくれる。なぜならだいたい家族連れだから。

北京行の飛行機で隣が日本人親子で、初中国&トランジット1時間半だと話すとすごい親身になって一緒にほぼ最後まで行ってくれました。その時後ろの席の日本語が分かる中国人のお兄さんも日本語で助言してくれました。

同じ広州行に乗るインド人と飛行機を待ちながら『きっとうまくいく』の話をしました。「不安になってもしょうがないよ、散歩でもしよ」って言ってくれたの、断ったけど本当有り難かったよ!

あと体験記①に登場する天使には感謝してもしきれません。

広州行の飛行機で、乗り換えまで10分しかないと伝えたら前の席に、と言ってファーストクラスに30分乗せてくれたお姉さんありがとう、ファーストクラスにも二段階あることを知りました。この世には知らないことがたくさんあります。。。

SIMカードに関しても、カウンターのお姉さんが別カウンターにも相談に行ってくれて、この件だけで空港スタッフのお姉さん5人が1時間以上頑張ってくれました。

他にも道を訊いて案内したり心配してくれた人たちが結構いて、空港から出てない滞在でしたが、50人以上に親切にされています…わたしも聞きすぎるきらいはありますが、ありがとう、チャイナ…

エジ行の飛行機が行ってしまったことを伝えるとモスクワトランジット中の友達がわざわざ私の保険会社の中国国内受付カウンターの電話番号を調べてくれましたし、エジプトにいる友人達もいっぱい励ましてアドバイスもくれました。友達自慢になってしまいました、へへ。

 

  • 家族が連れ多い

家族って言っても核家族より祖父母親戚連れが多いですよね、やっぱり旅行だからかな。飛行機の中でミルク瓶を持ってお湯をもらいに行く父親や、母親が寝て父親が赤ちゃんを抱っこしたりと普段なかなか見れない景色が当たり前に行われてて素敵でした。まあ、周りに子供いる人がいないのでよくわかりませんが。あと席が隣になっただけのおじいちゃんをめちゃくちゃ労わる若者とかいた。

 

  • 適度なルール・マナー感

子供に関しては無法地帯みたいな場合もありますが、適当に節度を守りながら自由にふるまってるのが良いです。「誰も自分を気にしてない」というより「自分が誰も気にしてない」という感じですね。このトランジットで何度「自由だ…」とつぶやいたことか。あと他人に話しかけることへの壁が日本より薄いですね。

それから空港内は常に清掃員が複数いて掃除していたおかげでとても綺麗なのもよかったんだな、と道路にゴミが散らかっているカイロの通りを見て思いました。掃除、大事。

初中国体験記 ①大変だったこと

飛行機、空港内の出来事日記

 

旅程:北京→広州→カイロ

まず全空港が大きい!歩き回って出発翌日以降は下半身が筋肉痛でした。

 

北京→広州の乗り換え時間は1時間半、広州→カイロの乗り換えは2時間の予定だった。荷物はいちいち取って預けてを繰り返さなくてはならず、格安ってこういうことだよねと実感した。22.5㎏のスーツケースを持ち4.5㎏のリュックを背負いひろーい北京首都国際空港を走り回り汗だくになってゲートが締まる5分前になんとか到着すると、なんと’1hour delay’の表示が…(2時間半delayしました)。結果的に2時間弱遅れて広州に到着し、カイロ便は行ってしまいました。The gate is closed.と言われてから翌6:30チケットカウンターがあくまで不安でした~。不安すぎるし連絡誰にも取れないしで、「くそう、落ち着いたら絶対泣いてやるからな」と思いながら荷物、チケット、Wi-Fiのことを訊いて散々歩き回り音楽聴いて過ごしてました。BTSにイラッとする日が来るとは思ってなかった。You’re in danger!! でも普段聞いてる音楽が聴けるのっていいですね~ルーティーンって大事~。

 

カイロ空港までルームメイトが迎えに来てくれる約束なので、Wi-Fiが使えない中連絡をとらなければならない。広州到着が夜中だったためほとんどのカウンターがしまっていてSIMカードも買えない。見知らぬ人に「ネット接続があるか?Facebookを持ってるか?使っていいか?」等訊きまくり、ついに「Facebook使っていいしSIMのID教えてあげる」という天使が登場。ありがとう、本当にありがとう。

しかし幸せは長く続かなかった…翌朝5時以降そのWi-Fiが使えなくなっていた。仕方ない、自分でSIMを買おうとすると150元で現金払いのみと言われた。1万円札しか出せず両替所で泣く泣く500元弱を手に入れる。ところが手続きするうちに私はSIMが使えないと言う。

私は家族とルームメイトにすぐに連絡が取りたかった。ネットが繋がらず、LINEもMessenger(Facebookの機能の1つ)も使えない。新しいフライトの到着時間や便名をルームメイトに伝えることもできない。SIMがなぜ使えないのか空港スタッフのお姉さん達には説明できないらしく、なぜ天使のが使えて自分では持てないのかわからない。しかし何とかしなければならない。少なくともエジプトで待ってくれているルームメイトには連絡しなければ。第二の天使を探さなくては…SIMは教わらなくていいので、Messengerを貸していただきたい…

中国人超超いい人達多いんだけど、英語が通じない率が結構高い。’Internet’みたいに万国で使えると信じてた単語が通じなかった時は焦った。しかも中国ではFacebookは一応禁止なので持ってない人も多い。なので’Facebook’でググって私がログインしてこの人になんかあったらどうしよう、とか思ってしまって貸してと言えない。

※声をかけた中国人に、「中国人はFacebookにアクセス制限がかかってるから使えないんだよ」と言われた。

英語を話せてFacebookを持つ希少な中国人かSIMカードを手に入れた外国人(Facebookを持ってる率高いがそもそもSIMを入れてる人が少ない)を探し、2日連続で怪しいアジア人と化した。

そして天使っぽい人を発見!しかし黒人のグループということしか共通点がなかった。2人くらいメッセンジャーかしてくれようとしたけど、他の人達が止めてて借りることは出来なかった。そう、普通に怪しいよね。私もいきなりあなたのスマホでなにかさせて、って言われたら断るもん…友達がかそうとしたら止めるもん…

やっぱり天使(とその周り)はすごかったな、と思いながらダメもとでまたWi-Fi接続を確認すると、謎のWi-Fiに繋がっている。天使が繋いでくれた元のWi-Fiに戻したらMessengerはだめだけどLINEが使えるように!!!!やった!!!!!!新しい便の連絡、家族への連絡をした。次またいつWi-Fiが切れるのかわからないけど、この連絡さえ出来てれば安心。前日3時間程しか寝ていないため(エジ行で寝ようと思ったし空港泊が初めてで2時間ほどしか寝てない)ので眠いが、頑張って飛行機が出発する23時半まで起きるぞ。カイロ行は10時間越えの長旅だからたくさん寝たい。

 

最終的には20分くらいでまたWi-Fiは切れた。切れたというか中国のものは使えるみたい??中国トランジットで最終目的地に絶対連絡とりたい相手がいる時はウェイボに入っておいた方がいいんだろうか。SIMが使えなかった理由を知らなければ対策は余り打てないが、4時間以上のトランジットを確保しておけばこうなることもなかったので、次からはそこに気をつけてチケットを取ろうと思う。

 

精神的に辛かったのは独りなのと自分が臭いこと。寂しさは中国2日目の15時頃、微妙な炒飯と美味しくないエビ水餃子を食べているときに襲ってきた。やはり1人の時は食を妥協してはいけない。

臭いのは乗り換えに間に合うよう汗だくになって走ったため。汗ふきシートを本当に持って行くべきであった。仕方ないのでウェットティッシュで拭いたがあんまり匂い取れないし気持ちは下がる。これから10時間半のフライトだし、お風呂に入りたくてしょうがない。エジプト行きの飛行機搭乗ゲートについた時は感無量でした。

 

チケットを予約し夜8時に発券のためまた来いと言われたと思っていたら、8時に発券しだしたのには「あれ??」と思いましたが、人にも自分にも一切イライラすることのない快適な中国滞在だったと言えます(もちろん不安はあったけど)。久々に運動したためか広州行き搭乗の際足指の付け根がつったのもいい思い出です。帰りも中国経由にしようかと思ってるぐらいですし、その際にはしっかり旅行したいなぁ。

トランジット中頭の中ではFiestarのApple pieがメインで流れてました。

いざ出国 - 留学に持って行く物たち

そろそろ出発です。保険に前日加入するという無謀ぶりでしたが、無事荷造りも終わりました!保険はまじで反省してます。コールセンターが開く9時半まで心臓がドキドキでした。

以下は留学準備の記録です。まず参考にしたサイトはこちらです。

teshiko20.hatenablog.com

参考にした、と言ってはいけないくらい私はダメパッキングでしたが…

 

●実家に残しておくもの

・在学証明書

・成績証明書

・パスポート、学生証コピー

・航空券Eチケットコピー

・海外保険原本(前日申込みのため私の元に来ない…)

・銀行等の書類

・カード通帳

 

●持って行く物

★機内持ち込み:リュック1(5㎏以内)

・国際学生証、カード等

 カードは複数持ってた方がいいと思いますが、UFJのキャッシュカードで問題ないと聞いたので私はそれ1つだけです。

・パソコン&スマホ、充電器

・財布

・小さめリュック

アラビア語会話帳、薄い文庫本(宮部みゆき『あやし』)

・マスク

・Eチケット

・手帳

★受託手荷物:スーツケース大1(23㎏以内)

 利用する中国国際航空(Air China)の規定は行先とクラスによって違い、アフリカ行エコノミーは23㎏1個、三辺の和が158cm(車輪・取っ手含む)。出発前夜に知って無理かと思った…158cm以内で本当によかったです涙

・本だし、味噌&とん汁の素?(小分けにされたやつ)

・歯ブラシ、余った歯磨き粉(無くなったら向こうで買う)

 日本の歯ブラシってヘッドが結構小さいんですが、その中でも私はクリニカの薄型超コンパクト愛用者なので持って行きます。向こうの子ども用でもいけますが持ち手が短いので磨きづらい。

クリニカ アドバンテージハブラシ 4列 超コンパクト ふつう 3本パック

クリニカ アドバンテージハブラシ 4列 超コンパクト ふつう 3本パック

 

・おろし金(ヨルダンにいる友達の勧めなのでカイロで要るかはわからない)

・袋止めクリップ(ルームメイトの要請)

・化粧品(特に化粧水が必須らしい)

・日焼け止め(念のため3本-計200g)

・ウェットシート、ポケットティッシュ

・夏服6着、冬服6着、ヒートテック3着、エアリズム4着

 既に最高気温は30度の日もありますが、最低気温は15度前後と低め。到着が朝4時の予定なのでマフラーとウルトラライトダウンを持って行きます。

・トビタテの月次在籍証明書コピー×滞在月分

・在学証明書、成績証明書(日英)

・C型変換プラグ、変圧器

・証明写真予備

アラビア語教科書等5冊

・本1冊

・適当なミニポーチ3つ

 ぽけてぃを入れたり財布代わりに使います。

 

●持って行きたかった物(まあいっかと思って買わなかったけどあったらよかったな~)

・メイク落としシート、汗ふきシート

・洗顔用泡立てネット

・変圧器付きドライヤー(高いので代わりに(?)髪を切りました)

・下着をもう少し。なんか足りなくて4日分程度になってしまった…

 

何が重いって基礎化粧品と日焼け止め、教科書・本です。クレンジング2.5本、化粧水は180ml×3本+400ml1本+ふき取り1本(180ml)、オールインワンゲル2個。教科書はA3の300頁くらいある本が3冊と辞書。

Arabic English Dictionary of Modern Written Arabic

Arabic English Dictionary of Modern Written Arabic

 

 

慈悲深き神の食卓 ―イスラムを「食」からみる (Pieria Books)

慈悲深き神の食卓 ―イスラムを「食」からみる (Pieria Books)

 

 これはエジプトの食文化も豊かに描かれています~イスラムもエジプトもよくわからんって方も、良く知ってるでって方も楽しく興味深く読める本だと思います。イフタール、ラマダーン・テーブル楽しみだ~。

 

体力がまじでないので20㎏のスーツケースは本当に重い…気張って持って行きます。貴重品とパソコン等以外は全てスーツケースにつめたのでロスバゲが心配です。でもそれより北京→広州乗り換えに1時間半しかないのが不安でカイロに私はたどり着けるのか。。。(うまくいけば)次の更新はエジプトになるでしょう!いんしゃーあっらー(*'ω'*)ノ

考察って難しい。MONSTA X The Clan2.5部作&雑記

 考察もどきをあげて一夜たち、読み返すとまあひどい(笑)

kuredo.hatenadiary.jp

kuredo.hatenadiary.jp

kuredo.hatenadiary.jp

このブログは私の人生の記録として作ったので、これらの記事も消さず残していきます…

初めて考察的なことをしたのでかなり疲れたし、書きながら自動再生で流れたHeroを観てこの頃は良かったな~なんて謎の悲しみが襲ったりと、考えることに慣れていないと難しい作業だと痛感しましたー。書き終わった後に他の方々の考察を読んでなるほど!!!となりました。

rokupop.hatenablog.com

dorian19.hatenadiary.jp

特に2つ目の記事を書かれたdorian91さんの書かれる文が圧倒される感じです。なぜ私はこんな風に言語化できないの…と打ちのめされます。

 

他の人のブログをあまり読まないのは2つ理由があって、1つは省略してしまうから。他のブログで書いてあったことの補足として自分のブログを書いちゃうんですねー。

2つ目は「自分が考えたこと」に限定したい。でも他のブログを読んでも思考するじゃないですか。実際読むことでもっと楽しくなるし。なので2つ目の理由は自分でもよくわかんないですが、dorian91さんのvixx Hydeの記事を読んだときまさにこんな気持ちでした。読むとすごい満足感があって、書かなくていいや!この人がより正確な文章で全部言ってるし、さらに私が考えもしなかったことまである!!なるほど!ってなる。すごいです。しかもタイトル見ると趣味がけっこう似てて書きたいと思ってたものがいっぱい書いてある…読んだら自分が書いたこと全て二番煎じに思えてきそうなのでもうちょっと自我が確立したら読みたいと思います(笑)。まだvixx記事は読めない!(´;ω;`)

 

なんかきもいことを書き連ねてしまいました。

何はともあれ、本ブログには成長記録とともに、好きなものをきちんと伝える練習、アウトプットの意味も込めてるのでこの世にはすごい人・ものがいっぱいいるな、いいな楽しいな、と言う気持ちを忘れずに書いていきたいです。

 

メモ:「MONSTA X 꽃」でイメージ検索すると青いお花ではなく可愛いモンエクがみれる。